気を付けよう。持病がある場合の歯科治療

>

歯は身体とつながっている

歯科治療の際に注意したほうが良いこと

高血圧の方は、血圧を下げるのに降圧剤を使用しておられる方もいらっしゃると思います。
もし、そのようなお薬を使用中の方は治療を受けられる前に歯科医師にお伝えしてください。
そして、できることなら、治療する前に血圧を測り、治療後にはすぐに起き上がったりなど、急な動作を避けるようにしたほうが良いそうです。
痛みによって、血圧が高くなる場合もあるため、必要な場合には鎮痛剤や麻酔を使用したほうが良い場合もあります。

次のページには高血圧症に関連して、心筋梗塞の持病がある方が気を付けたほうが良い点についてまとめてみました。
高血圧が慢性化すると、動脈硬化を起こす恐れがあり、心筋梗塞や狭心症、また脳卒中などの発作を起こす可能性が出てきます。
気を付けてみていきましょう。

心疾患のある方の注意点

心臓の筋肉(心筋と呼ばれています)に栄養や酸素を送っている冠動脈血管と呼ばれている動脈に動脈硬化などの症状が発生して、血液が心筋まで運ばれなくなることを「心筋梗塞」と呼びます。また、壊死はしてはいなくても、血管そのものが細くなって栄養や酸素が届きにくくなっている状態を「狭心症」と呼びます。

このような持病をお持ちの方の中には、血栓ができないようにとのことで抗凝固薬を使用されておられる方もいらっしゃると思います。
その場合、抜歯などの出血をともなう歯科治療を行う際には注意が必要となります。
場合によりますが、主治医の先生と相談して薬の量を変更したり、止血が必要になる場合もありますので、必ず治療前に歯科医師やかかりつけの医師に相談しておくことが大切になります。